あおりんこ通信

あおりんこの日常をブログ形式でお届けします。

縦割り保育

森のようちえんの多くは、大体ひとつのグループが、20人から30人といった小さなグループで、縦割り保育のところが多い。

同じ年齢の子で、クラス分けされるのは、人間だけである。

あおりんこの子どもたちをみてみると、5月生まれだろうが、12月生まれだろうが、同等である。今は、3学年になったものの自己肯定感が満載な子たちなので、やっぱり同等で、他の子のいいところは、リスペクトできるし、できなかったり遅かったりする子に手を差し伸べることだってできる。年齢の上下が逆転している時もあったりする。

そういえば、歳のはなれた末っ子は。いつも一番上の兄弟と同じ学年だと思っていたではないか。

最新記事

すべて表示

地図のない冒険に出発だー!

あおりんこの預かりが始まりました。 昨年度とは、全く違う。 4月は、時々そうよね。 でも、これがなかなか良い! 小さいうちは、まだまだ、いかようにも変幻自在。柔軟である。 昨日も、新しく3歳になった2歳児さんが、初めて預かりに参加しました。 子ヤギを見た後、プータロというあおりんこのお家に移動しようとした時、 N:どこいくの? Z:プータロって、あおりんこのお家だよ。 N:そこでなにするの? Z: