あおりんこ通信

あおりんこの日常をブログ形式でお届けします。

子どもに学べ大人たち

子どもは、本来どの子もより良く生きたいと思っています。

しかし、大人のこうあったら良いとか、いかにも不平等であることすら、大人が良かれと思うことやこうしなさいということに従って生きていきます。

少子化の時代、今や、子どもは、完全に大人の管理下におかれ、大人の思うように生きなければ、子どもが疎ましく思われます。

ことは、本来、汚い、危ない、うるさい存在です。

その真逆なお父さんお母さんを育ててしまったのも私たち大人です。

私たちは、日本を立て直すためにもう一度立ち上がりたい。


子どもに学べ大人たち!

子どもには、既に、健全に育ちたいという素養は、備わっている。


私たちは、見守るだけなのである。


最新記事

すべて表示

地図のない冒険に出発だー!

あおりんこの預かりが始まりました。 昨年度とは、全く違う。 4月は、時々そうよね。 でも、これがなかなか良い! 小さいうちは、まだまだ、いかようにも変幻自在。柔軟である。 昨日も、新しく3歳になった2歳児さんが、初めて預かりに参加しました。 子ヤギを見た後、プータロというあおりんこのお家に移動しようとした時、 N:どこいくの? Z:プータロって、あおりんこのお家だよ。 N:そこでなにするの? Z: