あおりんこ通信

あおりんこの日常をブログ形式でお届けします。

地図のない冒険に出発だー!

あおりんこの預かりが始まりました。

昨年度とは、全く違う。

4月は、時々そうよね。

でも、これがなかなか良い!

小さいうちは、まだまだ、いかようにも変幻自在。柔軟である。


昨日も、新しく3歳になった2歳児さんが、初めて預かりに参加しました。


子ヤギを見た後、プータロというあおりんこのお家に移動しようとした時、

N:どこいくの?

Z:プータロって、あおりんこのお家だよ。

N:そこでなにするの?

Z:やりたいことするんだよ。

N:行きたくない。ママとこ行くー!

抱っこして、プータロまで歩く。


途中、ふたりの女児がお花をとっている。

N:Nちゃんもほしい!

Z:とって良いよ。

N:ゼロちゃんとって!

Z:ゼロちゃんは、とらないよ。自分でとって!

N:ヤダー!と言って泣き始める。


プータロ到着


家の中にはいらない N

Ⓜ️なんで家の中に入らないの?

N:ぬいぐるみがあるからヤダー。

N:おもちゃがあるからヤダー。

H:ぬいぐるみは、あるだけ。おもちゃなんて、ない!

Ⓜ️じゃあ、Nちゃんは、何がしたいの?

N:Nちゃんは、おもちゃであそびたくない⤵️

H:したくなかたら、しなくていいし、

やりたくないことじゃなくて、やりたいことをするんだよ。


こどもたちのお見事な返答におそれいりました。

誰が良いとか悪いでもなく、ちゃんと思いを言葉にできる2歳児さんだったからこそ、どう思っているかもわかりましたし、それに答えている年長さんの返答が的確て過ぎてびっくりしたものの、これが、年中さんくらいまで、自分の意見を言わずに抱えてしまっている子だと、なかなか気づきがありませんし、言葉にできるようになるまでに時間がかかります。それが、もっと大きくなった人では、なかなか自分を曲げることは、できません。


小さい人たちだからこそ、できることです。


あおりんこは、加点法 できるようになったことしかない。


最新記事

すべて表示

お誕生日会

3歳のお誕生日を迎えるその月から、あおりんこでは、預かり保育ができます。 今日のお誕生日会は、子どもたちの自主的ステージがはじまりました。 まずは、長椅子を用意します。 ライブが始まるそうです。 ライブの曲は、ガンガン。あおりんこの定番ソングです。パフォーマーは、ちょっと恥ずかしくなって、遠く後ろにさがり帽子を顔に被って返ってきました。 歌い始めたら、みんなが歌ってくれました。 会場アナウンスがあ

こどもによるこどものためのおまつり

あちらもこちらもお祭りやイベントは、中止 あおりんこでは、夏休み前最後の日、何をしたいか?こどもたちで、考えました。 お祭りがやりたい! ということになり、自分が何をやりたいか考えました。 おすしやさん改めアイスクリームやさん かきごおりやさん わたがしやさん ジュースやさん コンサート 「ひまちゃんは、ひまちゃん!」 ひまちゅんによるオリジナル読み聞かせまたは、オリジナル鼻歌 気まぐれなひまちゃ

夢をカタチに!!

森のようちえん あおりんこをNPO法人化しようと思います。森のようちえんが目指しているものは、既存の幼稚園、保育園が目指している子ども像と違うものでは、ありません。自分で考え、動くという自主性のある、自己肯定感の強い子をそだてたい。どの子にも平等にこの魅力ある環境をプレゼントできる、創りたい大人と熱く、深く考え、ご協力を仰ぎたいです。 どうぞ、よろしくお願いします。 日時 令和2年6月27日(土)